フライヤーの印刷方法

フライヤー

フライヤー印刷の方法

フライヤーがどのように印刷されているか分かりますか?印刷方法によって、印刷物の値段は変わってきます。フライヤー印刷に使われている、一般的なオフセット印刷というものは、別名平版印刷とも言われており、現在は多くの商業用の印刷物で使われています。紙に版がふれず、大量に印刷したものでも綺麗に鮮明に仕上がります。印刷枚数が多ければ多いほど安い値段で印刷出来るのが大きなメリットです。オンデマンド印刷は、レーザーを使ったレーザープリンターを使ったもので、オフセット印刷とは違い、版を作る必要がないので、そのまま原稿を取り込んで印刷できます。種類が違う印刷物を少しずつ欲しい場合や、急ぎで印刷物が欲しいときに適している方法です。しかし、大量に印刷物が必要な場合は値段が高くなってしまうこともあるので注意です。

フライヤーに使われる紙

印刷物は、紙の種類によっても印象が違います。特にフライヤーを印刷する際は、チラシよりも厚めで、少し質が良いものを使うとより良いでしょう。一般的にフライヤーではコート紙というものが使われていますが、紙の厚さを表す連量というものが70kgのものと、110kgのものでは、質感も違います。紙の厚さが違うと、印刷する際に値段も断然変わってきます。コート紙と上質紙では同じ70kgの連量の紙でも質感も、もちろん値段も違います。フライヤー印刷で紙や印刷方法を選ぶ際は、必要な枚数、予算に応じて考えるとより拘ったフライヤーが出来るでしょう。